「野村胡堂を顕彰する賞」について

野村胡堂を顕彰する賞は、「野村胡堂文学賞」と「あらえびす文化賞」の二本立て

「野村胡堂文学賞」は、昭和を代表する国民的作家である野村胡堂氏を顕彰する目的で、「一般社団法人日本作家クラブ」が創立60周年記念として創設した文学賞です。

 2014年(平成24年)1月に第1回受賞式を行った全く新しい文学・文芸賞です。第2回目以降は氏の生誕月である10月に、記念碑のある神田明神で開催、と固定化されることになりました。 多様な顔を持つ大先達、野村胡堂氏のなした膨大な仕事と生涯のうち特に、江戸の下町を舞台に“岡っ引き”が活躍する国民文学、捕物小説の一大傑作である「銭形平次」を著し、戦前戦後を通じて庶民、大衆を勇気づけたといえます。

 現代においても時代物(髷もの)に対するファンは多く根強いものがあります。 よってここに時代・歴史小説ジャンルの「野村胡堂文学賞」を制定し、野村胡堂氏に匹敵するような時代・歴史小説作品に毎年栄誉を讃えることとなりました。 また、野村胡堂氏は、幅広く、奥行きの深い知識と知恵を持った戦前・戦後を通しての昭和日本を代表する教養人・知識人でもありました。新聞記者、編集者、大衆文芸作家としての顔はもちろん、「あらえびす」の筆名による格調高い珠玉の音楽評論でも知られています。

 氏のあらえびす評論家の業績にちなみ時代・歴史小説以外の部門について授賞する「あらえびす文化賞」を新たに制定いたしました。 ここに野村胡堂を顕彰する賞は、「野村胡堂文学賞」と「あらえびす文化賞」の二本立てとなり、平成29年10月より両賞同日に授賞式を行うこととなりました。

 野村胡堂を顕彰する賞を主宰する当クラブは、その志と組織を受け継ぎ、未来永劫に胡堂の遺徳と功績を語り継ぐと同時に、併せて、胡堂と歴代の捕物作家クラブ、日本作家クラブに属した文豪、先達、歴代会員の思いを継承、発展させながら、胡堂たちが愛し、築き上げた時代小説や歴史小説のさらなる発展の一助となることを願っています。

歴代授賞作品

野村胡堂文学賞

第1回 平成25年10月15日 小中陽太郎「翔べよ源内」 平原社

第2回 平成26年10月30日 塚本靑史「サテライト三国志(上・下巻)」 日経BP社
 
特別賞 高橋英樹「高橋英樹のおもしろ日本史」 KKベストセラーズ

第3回 平成27年10月2日 鳴神響一「私が愛したサムライの娘」 角川春樹事務所

第4回 平成28年10月2日 吉川永青「闘鬼斎藤一」 NHK出版

第5回 平成29年10月6日 熊谷敬太郎「吼えよ江戸象」 NHK出版

第6回 平成30年 7月3日 秋山香乃 「龍が哭く」 PHP研究所

あらえびす文化賞

第1回 平成28年4月24日 吉村卓三「鳥と卵と巣の大図鑑」 ブックマン社

第2回 平成29年10月6日 笠原章 新国劇100周年、劇団若獅子30周年の功績に授与

コメントは受け付けていません。